どんなときもwifiのメリットとデメリット

月額料金が安くて通信制限に引っかからないポケットWiFiを使いたいなら、どんなときもwifiがおすすめです。国内だけでなく海外でも利用できて、月額料金は3,480円とリーズナブルですね。

そこで、どんなときもwifiの特徴やメリットなどを紹介しましょう。

どんなときもwifiの特徴

どんなときもwifiはデータ容量無制限で利用できて、ネットをよく使うヘビーユーザーにはうれしいポケットWiFiです。

上限なしでどんなに使っても料金は一緒ですから、VOD配信をたっぷり楽しんだりオンラインゲームも思い切りできますね。ソフトバンクとドコモ、auのキャリアに対応していて、自動でキャリアをキャッチして利用してくれます。

海外での使用も可能で料金もリーズナブルですから、海外旅行や出張などでも役立ってくれますね。

料金は月額3,480円と格安ですし、通信速度は最低でも384Kbpsも出ますからサクサクとネットにつながります。

どんなときもwifiのメリット

どんなときもwifiの最大のメリットは、月額料金の安さです。クレジットカード払いなら、24ヶ月目まで最低料金の3,480円で利用できて、それ以降でも3,980円とリーズナブルです。

データ容量無制限なのにこれだけ安いですから、毎月の通信費節約になりますね。データ容量無制限と言いつつ、3日で10GBなんてサービスもあります。

どんなときもwifiはそんな制限は一切ありませんから、文字とおりデータ無制限でいつでも使えます。
トリプルキャリアへ自動接続してくれるのも、地味にうれしいサービスですね。

海外利用でも使った分しか請求されず、国にもよりますが、1日に1,280円です。低価格で海外利用できますから、海外へよく行く人には大助かりですね。

どんなときもwifiのデメリット

どんなときもwifiはメリットばかりではなく、デメリットももちろんあります。2年縛りがあって、2年未満や契約月以外で解約しようとすると、解約手数料が最大で19,000円もかかってしまいます。

端末はレンタルですから、解約時に返却しないといけなくて、ちょっと手間がかかりますね。

ネットを無制限で使えるどんなときもwifi

どんなときもwifiはデメリットはあるものの、それ以上のメリットの方が大きいです。データ容量無制限で月額3,480円の料金は魅力ですし、通信速度も問題ありません。

住んでいる地域にもよりますが、持ち歩きするポケットWifiとしてだけでなく、自宅の光回線代わりにもなりますね。